読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしシンプル化計画

フルタイム勤務と家事・育児に奮闘する 、アラフォー・ズボラ母の記録です。ズボラーなりの、シンプル生活を目指します!

職場に本当に嫌いな人がいたら、どうする?

仕事 人間関係

 は?

 いい大人が何言ってんの?

 

 …って感じでしょうか。

 ちょっと前の私なら、そう感じていました。

 仕事だもの。自立した大人として、組織の人間として、嫌いな人がいるからここでは働きたくありません。あの人とは仕事したくありません。…なんて、口が裂けても言えない。

 みんな、何かしら不満や悩みを抱えて働いているんだから…。

 

 私は、人を嫌いになることがほとんどありません。これは私の性格というより、人に恵まれてきたおかげだと思っています。

 苦手かも〜という人はいますが、そういう人は、大抵初対面の時に直感でピピッとくるものです。そんな時は、一定の距離を置けばいい。ちょっと合わないだけで、話もしたくないほど嫌いではないし、相手には悪気がないこともある。心の平穏を保てる程度に、上手くかわしていけばいい。ゆっくり話してみたら、意外と大丈夫だった!なんてこともあります。

 

 本当に嫌いな人。

「あぁ、今日もあの人がいるな…」と、顔を見る以前に、その人の存在を想像しただけで、憂鬱になってしまう人。

 話、したくない。でも、仕事をするうえで、その人と話をしないわけにはいかない。5分やそこらのちょっとした確認程度の会話で、ドッと疲弊する。

 相手との関係が上手く保てないから、言いたいことがはっきり言えない。コミュニケーションが取れない。パフォーマンスを発揮できない。

 こうなると、相手からは「何なんだコイツ」的な扱いを受け、悪循環。

 でも、仕事だし…。いい大人なんだし…。

 

 でも、ふと考えたのです。

 そうやって我慢して、私は幸せなのかな。

 

 仕事・家事・育児がままならず、このままじゃダメだ…と、暮らしのシンプル化へと向かい始めた時、仕事をシンプルにするために、激務の部署から、比較的楽な部署へと、異動させてもらいました。役職も降格しました。

 その時、「あぁ、これであの人に毎日会わなくて済むんだ…」と心からホッとしたのです。

 

 かつての仲間から、「また戻ってきてね」と言われることがあります。しかし、あの人がいる職場にはもう戻りたくないな。これが正直な気持ち。

 

 私は、嫌なことから逃げてる。

 

 そうやって自己否定したこともあります。

 でも、昨夜寝る前にこの件について考えた時、思ったのです。

 

 「別にいーじゃん、逃げたって。それで私が幸せなら。」

 

 うん、そうだ。

 自分の人生、自分が幸せじゃなくてどーする!

 

 安心して眠りについたのでした。

 

 

 読んでいただき、ありがとうございます。